◎本ページはプロモーションが含まれています

ラッコキーワード「見出し抽出」でライバルブログの見出しをまとめてチェック

  
  • Facebookへのシェア
  • はてなブックマーク
  • 人気ブログランキング

最近はトレンドネタの中でも

スポーツ関連に絞って

年末年始から1月の需要を狙って

記事を書いています。

 

でね、

これまで手を出していなかった分野が

あるんですけど、

 

いよいよ手をつけ始めました。

 

 

「人」についてです。

 

 

トレンドネタで「人物」といえば

 

芸能人のスキャンダルまっしぐらーーー

 

のイメージしかなかったですし、

 

そうでなくとも

著作権とかプライバシーの取り扱いも

注意しなくちゃですし

 

触らぬに越したことはないと

思ってました。

 

 

 

でも、人物を扱うと

アクセスは集まりそうなんですよね。。。

 

これまで書いてきたトレンドネタの記事を

作成する途中で目にした中でも、

人物についてのカテゴリーがあるブログが

多いなという印象ですしね。

 

 

そして、全てが読んで不快なネタとは

限らないんですよね。

 

すごく素敵な紹介をしている記事もあって

ああ、こんな記事なら

読む方も楽しめるし

取り上げられている人にとっても

嬉しいんじゃないかと。

 

 

その記事は、よく調べてあって、

その人物の発言をいくつも引用しながら

筆者のあたたかい感想も添えてあって

いい感じだなぁと思ったんです。

 

 

ということで、今わたしは

スポーツネタを扱っているため、

スポーツ選手についての記事を

書いてみることにしました!

 

 

といいつつも

その素敵な記事のレベルで複数名、

たとえば10名分も書くのは

正直かなり大変だなとも思っていて、、、

 

何かヒントになることはないかなと

探していました。

 

 

で、今日やってみたことはこちら。

 

・ラッコキーワードでキーワードを出す

・お!と思ったキーワードでGoogle検索

・見出し抽出機能を使ってみた

 

です。

 

 

あ、まだ記事書きまではできてません。。

 

記事書きの手前の準備段階ですけど

一度やると今後が楽になるかなーと思ったので

ご紹介したいなと思って書いています。

 

 

人物1名分の記事構成ができたら

きっと使いまわせるからね。

 

はい。横着者です(笑)

 

 

━━━━━━━━━━━━━━

■基本のラッコキーワード

━━━━━━━━━━━━━━

 

ご存知の方が多いかと思いつつ、、、

 

基本の基本は、ラッコキーワードで

キーワードを探す、ですね。

https://related-keywords.com/

 

 

今回の場合はとりあえず

1名の人物の名前だけで検索かけました。

 

すると、35件出てきました。

 

検索結果に出てきたキーワードを眺めて

「え?」と思ったもの、

少し意外そうなものを選びます。

 

(さっきは、お!だった←)

 

 

意外そう、というのは

たとえば違う種目名とかですね。

 

現在は有名なサッカー選手だけど

「テニス」とかね。

 

 

 

もし、テレビのサッカー中継で

その選手が

元テニスプレーヤーなんですよー

という話が出てきたら、

 

中継を見ている視聴者は

え?どういうこと?

なんでテニスやってたの?

 

もしくは、

なんでテニスやめたの?

 

なんでサッカーに転向したの?

 

って、気になる人がいるはずです。

 

 

 

なので、この視点で記事のキーワードを

狙ってみることにしました。

 

 

━━━━━━━━━━━━━━

■Google検索でライバルチェック

━━━━━━━━━━━━━━

 

次に、WEB検索結果をチェックします。

 

※シークレットモードを使うの大事。

 

↑検索結果が普段の自分の

ネット閲覧履歴などと結びついて

偏った結果が出ることを避けるためです。

 

 

 

「(人物名) テニス」で

Google検索をかけてみました。

 

 

そしたら、

1位、6〜8位が個人ブログでした。

 

本当は上位3位くらいまでは

個人ブログばかりだとベターなんですけど

まあ、あまり気にしないことにしました。

 

それじゃだめか汗

 

ええと、、

 

個人ブログが入っている順位には

将来的に自分が書いた記事が

差し代わって入れる可能性がある、

とみなしているんですね。

 

 

なので、1位の可能性もなくはない。

6〜8位の可能性もある。

 

少なくとも1ページ(10位以内)には

入れる可能性がある、とみなしています。

 

 

 

で、次にそれぞれの記事の中身を

ざっとチェックしました。

 

人物ネタの記事って

書いてあることにそこまで大差はないんですね。

 

生年月日や年齢、

出身校、成績、あれば趣味などの

プロフィールと呼ばれる情報。

 

↑これは、

誰が書いてもほぼ同じになりますよね!

(趣味は多少書き方で変わるかもだけど)

 

 

記事によって異なるのは

 

・見出しの順番

・上記以外の情報

 

だなと、分かりました。

 

 

 

今回は「(人物名)  サッカー」で

検索した結果、出てきた記事たちなので

 

・(人物)はなぜサッカーをやっていた?

・(人物)はサッカー部所属は本当?

 

という見出しがありました。

 

 

他に差がつく情報としては

家族構成や、指導者、仲間との関係

なんてのもあります。

 

ただ、いずれにしても

情報の裏取りができない限りは

使わないほうがいいと判断しています。

 

いらんこと言われたら嫌ですもんね。

 

 

で、ここまで調べてきて

自分の記事の中身はどうしようかなと。

 

今見てきた記事たちの

見出しをまとめてみられる方法はないかなと。

 

 

あるんです。

 

 

━━━━━━━━━━━━━━

■見出し抽出機能

━━━━━━━━━━━━━━

 

先ほど使ったラッコキーワードですが

他にもさまざまな機能を持っていて

そのひとつに

 

「見出し抽出」というのがあるんです。

 

 

ラッコキーワードのトップページの

検索窓の右側に、デフォルトだと

 

「サジェスト(Google)」

 

ってあるんですが、

ここを触るとプルダウンが

 

ガーーっと出てきます。

 

 

これで「見出し抽出」を選ぶと使えます。

 

ラッコキーワードの見出し抽出機能

 

もしくは

さっきと同じく普通に

サジェスト(Google)のまま検索かけて、

 

結果が表示されてから

左側に並んでいる機能一覧から

「見出し抽出」を選んでもOKです。

 

ラッコキーワードの見出し抽出機能サイドバー

 

前者だと上位10件分の見出しが抽出できて

後者だと20件なので、後者の方がおすすめ。

 

 

で、今回は

「(人物名)  サッカー」を

ラッコキーワードで検索してから

左側の「見出し抽出」で出しました。

 

 

すると、さっき見た記事たちを含めた

検索上位20件の

 

・タイトル

・見出し数

・見出し

・文字数

 

が見られるんです。

 

ラッコキーワードの見出し抽出を使った画面

 

↑こんな感じでH1とかH2とあるのが見出し。

 

以下、こんな感じ。実際はスクロールしたら20位まで見れます。

 

ラッコキーワードの見出し抽出画面続き

 

 

今回は一覧で見渡したかったので

画面右上にある

「CSVダウンロード」をクリックして

ファイルをゲットしました。

 

ラッコキーワードの見出し抽出CSVファイル出力

 

この後に出てくる「シンプル版」と「詳細版(生データ)」はどちらでもOK。

 

ラッコキーワードの見出し抽出CSVの選択肢

 

せっかくなので両方ダウンロードして、見やすい方を使うといいですよ。

縦横が違うんです。

(細かい違いとしては、詳細版には今回使わないディスクリプションまで入ってきます)

 

CSVっていうのは今回は

Excelの親戚だと思ってもらってよいです。

 

なんか表になってるデータだなと。

 

 

ふぅ。

 

説明が長くなりましたが、

これで見出しが集められました。

 

これをどう使うのかですが、

見出しの中身と順番を参考にするのです。

 

 

特にさきほどの個人ブログ記事に

入っていた見出しは

プライバシー問題にならなそうな範囲ものを

全部使うつもりで、ピックアップ。

 

 

見出しの並び順は

その記事ならではの話は前半に、

誰でも書ける情報を後に、

で、作ろうかなと考えています。

 

 

こんな感じで

人物ネタの記事構成を決めれば

あとは、同じパターンで

その人ならではのエピソードを前半に

基本情報を後半に、

 

で、どしどし書けるんじゃないかなと。

 

 

 

ちょっとここまで

手間取った感じもあるんですけど、

始めが肝心かなと思ってます。

 

 

さて、ここから何記事書けるか楽しみです。

 

まずは1記事。

形にしてみますね!

 

 

テレビ番組表を見て書く記事との違いは

今回は必ずしもその人の話題になるかは

わからないで準備している、

ということですね。

 

なので、当たるも八卦

当たらぬも八卦、の側面はなくもないです。

 

だからこそ

数打たないとなんですねー。

 

 

ま、数打てば

ブログの経験値は増えるし

記事も増えるので

損はしないなと思ってます^^

 

 

とりあえず、見出し抽出は便利なので

試してみてくださいな。

 

見出しやキーワードって

こうやって使うんだー

という発見がありますよ!

 

 

↓作った見出しと記事タイトルのひながたはこちら。

 

人物ネタの記事で使い回しできる見出しとタイトルを作ってみました

 

  • Facebookへのシェア
  • はてなブックマーク
  • 人気ブログランキング

コメントフォーム

名前 

メールアドレス 

URL (空白でもOKです)

コメント

トラックバックURL: 
カテゴリー
お問い合わせ等
書いている人

あみこ

あみこです。

転職で収入が4分の1になったことをきっかけに副業を探し、ブログを始めました。

アドセンスメインのブログ実践の様子をメールで実況中継中です。

アーカイブ

ページの先頭へ