◎本ページはプロモーションが含まれています

ブログ作業が滞る理由がわかった!逆手に取って活用するといいよ!

  
  • Facebookへのシェア
  • はてなブックマーク
  • 人気ブログランキング

ここ数回お伝えしている

スポーツ選手ネタの記事の進捗ですが、

昨日までで7記事になりました。

うーん。

 

予想よりも進んでいないです。

 

少しでも時短でサクサク投稿できるように

・ラッコキーワードで拾うネタの条件を固定

・記事タイトルと見出しをパターン化

・必要な情報があるサイトをブックマーク

 

ここまで準備したんですけどね。

 

 

今回、私の中での理想像は

1記事30分。

遅くとも1時間で投稿。

 

で、1日に2記事ノルマ。

時間がある時は3記事。

 

なーんて妄想していたんですけど

実際のところはいまだに

1記事1時間半〜2時間かかっています。

 

 

開始したのが12日前。

 

ただ先ほどの準備をしながらなので

最初の頃は1日1記事か2日で1記事でも

仕方ないとして、

 

せめて直近3日間は

2記事ずつ書きたかったなぁ。

 

 

まあぼやいていても仕方ない。

 

 

進みがイマイチな理由を考えてみました。

 

そしたら

ちょっとした発見があったんです。

 

 

1記事1時間を目指した時に

とりあえずキッチンタイマーで30分かけて

どこまで作業が進むか

チェックしてみたんですね。

 

あ、1時間と30分とで

つじつまが合わない理由は、

最初から1時間集中できる!

とは思ってなかったからです。

 

だから、30分を2セットでいいかなと。

 

 

そしたら、最初の30分で

予想していたよりも多くのキーワードが

見つかってしまい、

 

どのキーワードを使うか迷ってしまって

せっかくのテンプレ化した見出しが活かせず。

 

 

さらに、次の30分では

ネット検索で調べ物をしていた際に

見事に脱線して

他の記事を読み漁ってしまいました…

 

それじゃダメじゃん。

 

 

典型的に作業が進まないやつじゃん。

 

自分が探している情報を読むのはよいけど

ふと提示されている記事を読んじゃダメよね。

 

 

 

で、なんで自分が今書こうとしている記事に

関係ない情報に捕まっちゃったんだろう?

って考えてみたんです。

 

 

そしたらね、思い当たりました。

 

 

「関連記事」です。

 

 

ネットのニュースサイトって

記事が終わるとすぐ下に

「あなたにはこれもおすすめ」といった

他の記事へのリンクが

いくつも出てきますよね。

 

 

もしくは記事の右側に

「人気記事ランキング」とか

出てたりしますよね。

 

 

それです。

 

 

もうね、本当に絶妙なんですよね。

 

どうして私が興味あるって知ってるの?

といわんばかりの関連記事たちが

並んでいるわけです。

 

 

つい目に入ってしまって

あっ、これちょっとチェックしたいかも。

 

で、ポチッとしちゃうんですよねー。

 

 

このポチりは厳禁!としないと

延々と沼にハマってしまいます。

 

ここまで気づけたんだから

自分に約束しなくちゃです。。

 

 

 

一方で、別の視点としては

これ、自分のブログに活かすこともできます。

 

自分の記事の下に

自分のブログの他の記事へのリンクを貼る。

 

内部リンクと呼ばれるものですね。

 

 

私がハマってしまったように

1つの記事を読んでくれた読者さんが

あ、これも気になるー!

 

と思って次の記事のリンクをクリックして

読んでくれれば

ブログ内に滞在する時間が延びるので、

メリットが2つ発生します。

 

 

・ブログ内の広告をクリックする可能性が高まる

 

・滞在時間が長くなると

Googleからのブログへの評価が上がる

→上位表示されやすくなる

 

 

なので、1つの記事を投稿したら

自分のブログ内で関連しそうなネタの記事の

内部リンクを貼るのは、超おすすめです。

 

 

ただ、やみくもに

なんでも貼ればいいってわけじゃないのが

簡単ではないところですが、

 

とりあえずやってみるのは

アリだと思います。

 

 

今私が書いているスポーツ選手ネタなら

こんな感じ。

 

----------------------

▼他の選手についてもチェックする▼

(他の選手1の記事リンク)

 

(他の選手2の記事リンク)

----------------------

 

あ、▼で囲った箇所の文言は

もう少し気が利いたものが思いつけば

それに越したことはないんですけど、

とりあえず例として挙げてみました。

 

 

内部リンクを貼る記事の目安としては

その記事を読んだ人が興味を持ちそうな情報。

 

 

今回のスポーツ選手だったら、

同じチームの選手とか

ライバルで有名な選手とかが

当てはまると考えていますよ。

 

 

 

 

ということで、ブログの調べ物中は

ネットサーフィン沼にハマらないように

気をつけること。

 

そして、内部リンクを利用する。

 

以上、反省しながらお届けしました^^;

 

 

  • Facebookへのシェア
  • はてなブックマーク
  • 人気ブログランキング

コメントフォーム

名前 

メールアドレス 

URL (空白でもOKです)

コメント

トラックバックURL: 
カテゴリー
お問い合わせ等
書いている人

あみこ

あみこです。

転職で収入が4分の1になったことをきっかけに副業を探し、ブログを始めました。

アドセンスメインのブログ実践の様子をメールで実況中継中です。

アーカイブ

ページの先頭へ